サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

第13回 サマースクール(7月29日)

  夏の日差しの中、今年も県内各地から11名の児童生徒と、保護者、学級担任等総勢約30名が集い、サマースクールを行いました。
 今年は、「触れ合おう!学ぼう!」のテーマで、グループごとに与えられたミッションをクリアしながらの活動でした。
 午前は、日常生活上の情報を読み解く力を養う「生活オリエンテーリング」が行われ、「ユニバーサルデザイン」「路線バスの中」「路線バスの外」「アイス」の4つのミッションに、午後は、スーパーマーケットへ徒歩と路線バスで移動し、買い物をするミッションに取り組みました。

 

         児童生徒の感想から         

 


     午前のミッション      


 

ユニバーサルデザイン」
・シャンプーのサイドにギザギザが付いていたり、ジャムなどに点字が付いていたりしていることを発見しました。
 

 

 

 

 

 「路線バスの中」
・停車中のバスの観察だったからこそ、天井のボタンを発見し、押してみるなど、普段の生活ではじっくり経験することのできないことをたくさん体験しました。


 

 

 

 

 

「路線バスの外」
・バス中央の乗車入口ドア右側に、運転手さんと話せるスピーカーがあることを見つけ、運転手さんとお話できることを知りました。また、自分の声がバスの中に響くことにも気付き、とても驚きました。
 

 

「アイス」
・ 箱入りアイスの中から1番カロリーの高いアイスを選ぶミッションでは、最初、単眼鏡でたくさんのお菓子の中からアイスを探しました。次に、アイスの箱のカロリーなどの表示場所を探すのが大変でしたが、3個目からは直ぐに見つけてルーペを当てて探せるようになりました。

 

 

     午後のミッション      
 

「移動」
・暑い中でしたが、学校から遊学舎までの坂道を1度も休まず歩きました。
・路線バスに乗り、整理券を取り、空いている席に座ることも、午前のバスのミッションの学習を生かし落ち着いてできました。

 

 

 

 

「買い物」
・レジに行く前に買い物の計算を暗算で行うことができました。
・スーパーでは、商品ごとに区分された札が上の方にあることを発見しました。

 

 

 

 

         サマースクール振り返って          

 今日一日、ミッションをクリアしていく中で、考えたこと、分かったこと、経験したこと、そして、友だち同士教え合いながらクリアしたことを、自信を持って明日からの日常生活につなげていってくれることと思います。

本文はここまで