サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

秋盲祭(10月14日)

 今年の秋盲祭(あきもうさい)は、児童生徒が思いを一つにして一人一人の個性あふれる色を出せるように、「彩-イロドリ- ~28の思いを一つに」をテーマに開催しました。
 午前の部は、7月に行われた東北地区盲学校文化体育大会の弁論部門で優秀賞を受賞した弁論や、高等部普通科の音楽発表、小中学部の劇「100回逃げたねこ」をステージで発表しました。そして、大森太鼓保存会をお招きして、迫力ある太鼓の演奏を披露していただきました。

  午後の部は、PTAのフランクフルト販売や、視覚障害者のスポーツであるサウンドテーブルテニス(STT)、中学部、高等部普通科の作業班が制作した製品販売、本校ならではのマッサージ体験コーナー、点字・パソコンコーナー、読み聞かせコーナーが実施し、たくさんの方々と触れ合う機会となり、そして、視覚障害への理解を深めてもらう良い機会ともなりました。
 感動のステージ、活気あふれるコーナー、涙あり、笑いありの秋の一日となりました。

 

             
           バッチリ決まったリズム表現!! 「高等部普通科音楽発表」
             
             
    オスカー(とらねこ)に友だちになってほしいなぁ・・・   
             
             
     みんなで歌おう!みんな友だち!! 「小中学部劇 100回逃げたねこ」 
             
             
    大森太鼓保存会        決まった!! 
             
             
     PTAフランクフルト        作業販売
             
         
    点字パソコンコーナー         読み聞かせコーナー
             
           
     STTコーナー       閉祭のつどい 
             
       
    テーマ曲全員合唱 「閉祭のつどい」

 

本文はここまで