サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

路線バスの構造を知ろう!(5月18日)

 5月18日(金)、秋田中央交通のご協力により、本校で路線バスについての学習が行われました。
 実際に秋田市内を走っているバスに来てもらい、路線バスの中にある座席、押しボタン、手すり、段差、運賃箱、両替機、運賃表示器などを幼児児童生徒一人一人が確認し、今後のバス利用に向けた練習をすることができました。また、バスのどの部分に行き先が表示されるのか、入口と出口はどこか、両替をするとどんな種類の硬貨になって出てくるのか等について、触ったり視覚補助具を使ったりして確かめました。
 運行中のバスに乗って、これらのことを確かめるのは大変難しいため、このような機会があることを本当にうれしく思います。学習を終えた児童生徒からは「さっそく本物のバスに乗って出かけてみたい」「じっくり確かめ、練習することができたので、だんだん自信がもてるようになってきた」等の声が聞かれました。

           
           
    単眼鏡を使って行き先を確認します      整理券を忘れずに取ります
           
         

 
 
 
 

段差を確認し安全に下車します

     車内でも単眼鏡で行き先の確認です    
         
         
    タイヤには文字が書いてあるね      


 

本文はここまで