サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

あいサポート合同講座について(11月17日)

 11月17日(木)、あいサポート教室受講生と本校生活情報科生との合同講座が行われました。料理研究家である加藤澄子先生を講師に迎え、太巻き寿司作りを教えていただきました。
 秋田では、お祝い事や仏事など、大勢で集まる機会に太巻き寿司が出されることが多く、全国でも太巻き文化のある地域の一つとされています。会の内容や顔ぶれ、季節に合わせた模様や絵が出るように、いろいろな工夫がされているそうです。今回は、県内各地に伝わる「花巻き」「椿の花」「裏巻き」の三種類を作りました。
 講師の先生の説明を聞きながら、手順に従って巻いていきました。きゅうり、野沢菜漬け、紅しょうが、玉子焼き、桜でんぶ、山ごぼうとカラフルな具材がたくさん用意され、組み合わせや具の入れ方、巻き方で模様の出方が変わります。できあがったときの味や歯ごたえ、色合いを考えるのも楽しみの一つです。切り口からは小さなかわいらしい花、鮮やかなピンク色の椿の花などが現れて、歓声が上がりました。試食をしながらの会話もはずみ、笑顔いっぱい、おなかもいっぱい、楽しい時間を過ごしました。

 

講師の先生の説明 巻いて、巻いて~ できあがり!

本文はここまで