サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

秋田市立寺内小学校 障害理解授業(11月27日)

 秋田市立寺内小学校4年生の55名の児童が、視覚支援学校へ来校し、校内見学や体験学習を行いました。
 校内見学では、見えない、見えにくい児童生徒が学校でどのように勉強しているのか参観したり、見やすくするための機器や道具(拡大読書器、単眼鏡、点字の本)を見たりしました。文字が大きく映し出される様子に、歓声を上げていました。
 体験学習では、盲導犬についての話を聞き、街で盲導犬を連れている人を見かけたときに気を付けることを学びました。また、点字についての学習では、点字の基本を学び、点字盤を使って実際に点字を打つことにも挑戦しました。初めて持つ点筆に緊張しながらも、上手に点を打つことができたようです。
 今回体験して感じたことや学んだことをきっかけに、障害のある方の生活に関心をもち、理解しようとする気持ちにつながることを期待します。

 

小学部の授業の見学 点字を実際に打ってみよう!
上手に6点が打てたかな? 盲導犬についてのお話

 

本文はここまで

このページの先頭へ戻る